熱中症の予防と対策をして夏のレジャーを満喫しよう!

夏のレジャーは熱中症対策をしっかりしよう

こんにちは。

先日、『東山動植物園のナイトZOO』や『宵の明治村』などの夜のイベントを紹介しました。

昼間に比べれば過ごしやすいですが、夕方~夜間のイベントでもまだまだ暑い日が続きそうです。

真昼の炎天下でのスポーツやレジャーほどではないかもしれませんが、昼間の疲れから夜になってダウンしてしまうこともあるので、暑さ(熱中症)対策は必須です。

そこで、今回は私や子供のいる親戚家族が出かける際に、準備する物を紹介します。

それぞれ個人の条件や状況に応じて違いはあると思いますが、幅広く使えるものだと思います。



参考記事
2018夜の動物園を体験!!東山動物園ナイトZOO開催・混雑状況や駐車場情報

宵の明治村に行きませんか?浴衣姿なら入村料が500円【2018年】

熱中症について

この2週間あまり、救急車のサイレンを聞かない日はありませんでした。

おそらく、大多数の方が暑さで体調を崩されているのだろうと思います。

来年以降も気温の上昇は続くという話を聞きましたが、これまで以上に予防と対策に力を入れる必要があるかもしれません。

当日の最高気温や気温と湿度の変化を把握し、室内であっても注意を怠らないことで熱中症を予防していきましょう。

子供は特に注意が必要!

乳幼児の場合

乳幼児は体温機能調節が未発達で、大人よりはるかに熱中症にかかりやすいといわれています。

そこでしっかり予防と対策を行う必要があります。

水分を多めにとろう
乳幼児は新陳代謝が活発で、身体から汗や尿として排出される水分が多く、脱水を起こしやすいのです。水分を多く含む食事を取ったり、こまめな水分摂取を心がけましょう。

熱や日ざしから守ろう
乳幼児は自立神経の発達も未熟で体温調節が苦手です。体に熱がこもらないように、着るものの素材や色を選んだり、直射日光を浴びないようにすることが大切です。

地面の熱に気をつけよう
乳幼児は背が低く、ベビーカーの利用などで大人よりも地面に近い環境で過ごすこと多く、地表からの熱を受けやすくなります。子どもの高さの気温や湿度を気にかけ、対応しましょう。

暑い環境に放置しない
乳幼児は暑いからといって自分で異動することはできません。ほんの少しの時間だからと置き去りにするのは危険です。特に、車内に残すのは止めましょう。

室内での遊びも油断禁物
日差しがない屋内でもその時の環境や体調により熱中症になることもあります。屋外と同じように注意して見守ります。

大人が気をつけよう
乳幼児は暑さや体の不調を、しっかり自分の言葉で十分に訴えらえません。汗や体温、顔色や泣き方など、赤ちゃん・子どもの様子を、周りにいる大人が気にかけましょう。

外で夢中になりすぎない
子度は遊びに集中すると、喉が乾いたり気分が悪くなったりしていることに気が付きにくくなります。子供、特に乳幼児を遊ばせるときは、適宜休憩を取らせ、水分補給や休息を促してください。

無理をせずこまめな休憩を取りながら
暑さや日差しにさらされる環境で活動をするときなど、こまめに休憩をとり、無理をしないようにしましょう。

お出かけ前の体調を整える

適度な塩分摂取
毎日の食事を通してほどよく塩分を取りましょう。大量の汗をかくときは、特に塩分補給をします。ただし、医師から塩分や水分の制限を受けている場合、よく相談してその指示に従いましょう。

水分を小まめに取る
喉が渇く前にこまめに適量の水分を摂取しましょう。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。

睡眠をしっかりとる
寝具を通気性の良いものにしたり、適度に空調を使って睡眠環境を整えましょう。就寝中の熱中症を防ぎ、しっかり眠ることで体を安め翌日の熱中症を防ぎます。

直射日光を避ける
日傘や帽子を被り直射日光を避けます。移動の際に日影を選んで歩いたり、日影で活動したりしましょう。

身体を冷やす冷却グッズを取り入れよう
冷却シート・スカーフや枕などの冷却グッズを取り入れましょう。さまざまなグッズが出ています。首元、脇の下、足の付け根の太い血管が体の表面近くを通っているところを冷やすと、効率よく体を冷やすことができます。

スポンサーリンク

おすすめ熱中症対策グッズ

冷却タオルなど

色んなタイプの商品が出ていますが、私は以前に購入したタオルタイプのものを使っています。

ハンディ冷却ファン

これ出回りだした時は面白グッズという認識でしたが、現在は外出時の必需品かもしれません。

けっこう高価な物から、当たりハズレが大きそうな安価な物まで出揃っています。

携帯扇風の口コミとしては、好評なものが多いような気がしました。

私自身は使った経験はないのですが、親戚家族はベビーカーにつけられるタイプを愛用していたそうで、ないよりはあった方が良いということでした。

子供の首にかけられる仕様になっているものもあます。

冷却スプレー

服の上からかけるものなど、各メーカーからたくさん販発売しています。

持続性はありませんが、身体に熱がこもってきたときに使用するとサッパリします。