高齢者のお見舞いで注意したこと 喜ばれたお見舞い品の紹介

手の平の上のお花

こんにちは。

先日、今年に入り『特別養護老人ホーム』に入所した知人のKさん(女性)を見舞に行きました。

入所前に会った時「必ずお見舞いに来て」と言われていたのですが、遠方の施設ですぐには都合がつかず、この年末にようやく訪問することができました。

Kさんは認知症は患っていません。ただ、病気の進行で体を動かせなくなってしまい、自宅での生活が困難になりやっと特養への入所がかなった次第です。

やっと見つけた施設ですが、本当は行きたくないと話していたので馴染めているか心配しつつ出かけました。

結果から言えば、とても元気で頭もしっかりしていて、家にいたときより血色も良くなっていました。

スタッフの皆さんの介助のおかげで、3度の食事もきちんと取れているからだと思います。

不自由とはいえ自宅での暮らしに執着していたKさんですが、お世話してくださる方が24時間身近にいてくれる施設での生活にとても安心・満足しているようで、明るい笑顔を見せてくれました。

入所した施設もかなり評判の良い所だったようで、本当に良かったと安堵しました。

今回は、そんな知人のお見舞いの際に気をつけたことを書いていこうと思います。

よろしければお付き合いください。


高齢者のお見舞いで気をつけたこと

私の場合、まず最初にしたのは施設への連絡です。

イベントや入浴日などに重ならないようにしたかったので、都合の悪い日を教えて欲しいと伝えたところ『面会時間内ならいつ来ていただいても構いません』というお返事でした。

そのほか、お見舞い品の是非や面会時間、食事の時間を確認し、予定していた日時を伝え電話を置きました。

知人の場合、しっかりしていて意思表示ができることと、近くに身内がいないため施設への連絡だけとなりました。

もしご家族と連絡が取れるなら、最初にお見舞いに行きたい旨を伝え許可を得たほうが良いと思います。

その際、ご本人の様子など教えて貰えれば、心の準備も出来ますし…

このあたり、先方のの負担や迷惑にならないように考えたいですね。

もしもお見舞いを断られたら

ご家族やご本人から直接のお見舞いをお断りされたら、その時は諦めましょう。

もし入所したばかりの時期なら、新しい環境に慣れるまで遠慮して欲しいということかもしれません。日をおいてから問い合わせてみてもいいと思います。

あるいは認知症で以前と様子が変わってしまい、お見舞いは嬉しいが面会はお断りしたいということも身近でありました。

このときは主にお世話している親族の方に、お見舞いの品物とねぎらい(励まし)の言葉を贈ったそうです。

スポンサーリンク

高齢者のお見舞いで喜ばれる品物は何?

お見舞いに行くと決まったら、次は手土産。

何がいいのか悩みました。

そもそも持って行っていいのか迷いますよね。

食品

食品の差し入れは、ご本人の食事制限が事前に確認して下さい。

服用している薬や体調の関係で、口にできない食品があることも多いのです。

また、施設の方針で提供するもの以外は遠慮してほしいという話も聞いたことがあります。

その上で少量、日持ちのする個包装のお菓子などがおすすめです。

でも硬いものやパサパサしたもの、例えば硬いお煎餅、口内や喉に引っ付きやすい最中、パサパサしたビスケット…など食べにくいものは避け、食べやすいものをお選びください。

私の場合は事前に『食べ物の差し入れOK』と許可を得たので、普段の食事やおやつの邪魔にならないように小ぶりなカップのゼリー、プリン、ムースを詰め合わせて持参しました。

kさんの好物。

本人曰く『買物に行けないので、時々市販のおやつが食べたくなる時がある』と喜んでくれました。

このとき改めて、そうか…と思いました。

施設の食事はとても充実していて、予算つけてかなりいいメニューなのですが、自分の好きな時に好きなモノを買ってきて食べるということは出来なくなるんだな、と。

こういったセット物でも喜ばれそうです。

生花

お見舞いの定番といえばお花ですね。

ただ、お花は綺麗ですが、切り花だと花瓶が必要なので確認が必要になります。

鉢植(病院へのお見舞いだと、鉢植えは「病院に根ずく」と言って嫌いますが、施設は終の住処となることが多いのでそこは気にしなくても良いようです)の花や植物なども喜ばれると聞きますが止めておいた方が無難かもしれません。

花粉(花粉症の人も多いので)や水やりなどの管理が必要になり、職員や家族の負担になることも考えられるからです。

生花ならラッピングされたアレンジメントかプリザードフラワー、造花なら光触媒加工が施されたものなどがおすすめです。

パジャマなどの衣類

その他、サイズや体の具合が分かればパジャマ、肌着、ゴム無しのソックスなどもいいかなと思います。

介護用の衣類は割高なので枚数があると助かります。

ただ、衣類は近しい関係でないと難しいかもしれません。その場合は靴下やアームカバー、レッグウォーマー、タオル類もいいかもしれませんね。

私はkさんから上着(ラグラン袖の着やすいもの)の購入を頼まれたので、探して送る予定です。

明るい色の可愛いものがいいそうで、見つけられるかどうか分かりませんが、なるたけ希望に添えるよう頑張ります。

しまむらあたりで見つかるといいのだけど…

お見舞いに行けないとき

それから、お見舞いに行きたくても「遠方で行けない」「お見舞いを断られた」などの理由で足を運べないことがあります。

そんなときは手紙やカードを送るのもいいですね。

SNSやメールなどが浸透し、ペーパーレスになりつつある世の中ですが、たとえ短い言葉でも手紙を受け取るのは嬉しいものです。

高齢の方なら尚更。

もしお相手が文字を読めない状態にあっても、綺麗な景色や花が描かれた葉書なら目に留まるかもしれません。

もちろん読むことができれば、施設での生活の励ましや楽しみになると思います。

かつてお世話になったことへのお礼や、同じ時間を過ごした友人への感謝、案じていることなど、相手を想う気持ちを届けてみませんか?

実は私、コレができずに後悔した経験があります

とても気の合う人がいてよく話すようになった矢先、その方が病気で倒れてしまいました。

既に手遅れだったそうです。

そして、お見舞いには来ないでねと連絡をうけました。やつれた姿は見られたくないからと。

その後、数回電話で話す機会をいただきました。

その中で「○○さんと友達になれて良かった」と思って入ることは話したのですが、出会いに感謝していることを伝えきれませんでした。

短い手紙かカードに綴って病院に届ければ良かったと後悔しています。

面会はできなくても回復を願い祈っていること、また感じのいいカフェで美味しいコーヒーを飲みながらお喋りしたいと願っていること、文字にして届ければよかったと思っています。

気持ちの押し付けかもしれませんが…読まれなくてもいいから、定型文が印字されたカードでもいいから送れば良かったと、今でもふと思う時があるのです。

なんだか重い話になってしまってすみません。

でも、本当にいい出会いだったんですよね。

まとめ

施設の種類や運営方針などから、お見舞いの受付方にも違いがあると思います。

また、見舞う方の状態にもよりますし、難しいこともあるかもしれません。

ただ、病院と違い特別養護老人ホームに入居したらそこが終の住処になることが殆どです(臨終は病院で迎えることが多いようですが…)。

おそらく元気になって退所することは殆どありません。

ちょっと足を向けにくく感じてしまうかもしれませんが、気になる方は一度様子を見に行ってみてはいかがでしょう。

今回は私の体験談をご紹介しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする