桑名の連鶴一覧

江戸時代の魯縞庵義道(ろこうあんぎどう)という僧侶が考案者。
1枚の和紙に切り込みを入れ、鶴が連なるように折りあげていく。
49種類からなり、近年再現された。