桑名の連鶴

江戸時代の魯縞庵義道(ろこうあんぎどう)という僧侶が考案者。
1枚の和紙に切り込みを入れ、鶴が連なるように折りあげていく。
49種類からなり、近年再現された。

七夕

七夕飾り・七夕人形に込められた意味と変わり種の折り鶴を紹介

七夕飾り、既製品でも可愛いのや素敵な物が販売されいますね。 私の子供の頃と同じものがまだ売っていて、とても懐かしく思い出しました。 そして、今回は代表的な七夕飾りの名前と意味を調べています。 名称、込められている願...
タイトルとURLをコピーしました