手汗に悩んだ私・皮膚科を受診したときの話とやっている対策

汗をかいていない両手にバラの花びらをもつ

手の平やワキなどの局所に、理由もなく多量の汗が出る症状を、原発性の局所多汗症といいます。

手のひらは手掌多汗症(しゅしょう・たかんしょう)といいます。

多汗症の原因はハッキリしていませんが、交感神経(自律神経のひとつ)が過度に反応するために起こるとされているようです。

私の多汗は、手の平・足の裏・ワキ・頭で、子供の頃から顕著なのは手と足です。

更に腋窩(えきか・脇のこと)は30歳過ぎてから酷くなりました。

ワキ用汗取りパットをつけていても、汗で剥がれてしまうんです。

頭は、刺激物を食べるとスポイトで垂らしたような玉の汗が流れ落ちます。

大袈裟と思われるかもしれませんが本当です。

これも激しくなったのは、30歳越えた頃から。

もともと刺激物は苦手でほとんど口にしませんが、家以外でこれになると手に負えないので、食べ物にはとても気を遣っています。

年齢を重ねて多少衰えたかな?と感じる部分はありますが、現在もずっと汗とはお付き合い続いております。

今回は、そんな私が勇気を出して病院に行ったときの話です。

手汗を止めたくて皮膚科を受診したときこと

私が病院を受診したのは、いまから15年くらい前です。
ハッキリ覚えていないので多少前後するかもしれません。

受診したきっかけ

きっかけは、私と同じにひどい手汗に悩んでいた知人が、東京の病院で手術を受けた話を聞いたから。

知人が受けたのは腋窩汗腺切除(えきかかんせんせつじょ)だったと記憶しています。もしかしたらETSだったのかも?

ちょうど、TVで多汗症治療を積極的に行っている医師(病院)を扱った番組が
放送された頃でした。

その番組を私も見ていて、凄く気になり私も手術を受けたい!と思いました。

でも東京ということで、地方住まいの身にはおいそれと行くことも出来ず、何となくそのままになっていました。

知人が手術を受けたきっかけは聞いていませんが、今後の人生の今後を考えてのチャレンジだったそうです。

手術後、傷が治りにくい体質が災いして大変だったようですが、手汗は全くなくなったそうです。

ただ、やはり代償性発汗(※)で足の裏など、それまで以上に汗をかくようになったそうです。

でも手に汗握ることがなくなり、仕事も順調にすすめられるようになり満足していると話していました。

ただ、お付き合いが途絶えてしまったので現在のことは分かりません。

もしかしたら再発しているかもしれませんし、代償性発汗が酷くなっているかもしれません。

(※)実は代償性発汗という副作用が強く出過ぎて苦しむ人もいます。
中には訴訟に至った方もあるようですが、たとえ訴訟に勝ったとしても体はもとに戻りません。
手術をご検討中の方は、副作用についてよくお調べ下さい。

受診

話を戻しますね。

そのことががきっかけで、私自身も一度、きちんと診察を受けてみようと思ったのです。

でも、残念ながら私の住む地域に多汗症を専門的に見てくれる病院はありませんでした。

そこで、評判のいい皮膚科の病院に行ってみることにしました。

受診の当日はいつものように、両手は汗びっしょりでした。

憂鬱でしたが、何らかの治療法を提案して貰えるだろう、そんな期待を抱いて出掛けたのを覚えています。

病院に到着すると待合室は満員状態で、受付だけ済ませ外出する人もいました。

これだけ患者さんが詰め掛けるのは腕のいい先生の証拠、自分の多汗症も何とかなるかもしれないと期待が膨らみました。

それから受付を済ませて、診察室に入ったのが4時間後でした。

ところがです、待ちに待った診察なのに、この4時間の間にとんでもないことが起こってしまったのです。

なんと!!

診察の1時間前あたりから手の汗が乾き始めたのです。

ええ!!

まさに青天の霹靂。

私は『なんで!』と心の中で叫びました。

なんで、よりによって今なの!?と。

10代の頃は本当に常に汗で湿っていたのですが、この頃は数日おきに数時間、数時間おきに数分、というサイクルで汗をかかない期間が出てきていたのです。

調べていく中で、原発性の手掌多汗症は、原因不明だが発汗と乾いた状態を繰り返すと書かれたものを読んだ事があるので、本来の状態になりつつあったのかもしれません。

それが、診察室に入るまさにその時にきたのです。

手の平サラサラ~

経緯を話しましたが、私の手を先生の両手で挟んで湿り具合を確かめて言われたことは『たいしたことないよ。あまり気にしないように、精神的なものもあるから』でした。

やっぱりね…そりゃそうですよね(泣)

一応、塩化アルミニウム液を出してくれましたが、大した汗でもないのに気にし過ぎな患者さんになってしまいまいた。

どうしてあの時に限って、汗が引いてしまったのか…

受診した結果考えたこと

偶然、たまたま、といってしまえばその通りだと思います。

でも、4時間待っている間、「手汗とサヨナラできるかもしれない』という気持ちで交感神経が精神的に物凄く落ち着いて汗が引いたとしたら?

手掌多汗症は精神的な病ではありません。

でもでも、もしかしたら私の多汗症は精神的・心理的に落ち着くことで、乾いた状態を早く出現させる可能性もあるのでは?と、そこに希望を持つことにしました。

それと同時に、このとき病院での治療は諦めることにしました。

『たった一回のトライで諦めるなんて、結局はその程度でたいした多汗じゃないんじゃないの?』

といわれそうですが長年汗に疲れ切った末、受け入れて?諦めて暮らしていたので、治療より対処療法(※)の方が自分にあっていると感じたからです。

(※)根本的な対策とは離れて、表面に表れた状況に対応して物事を処理すること。「対症療法では問題は解決しない」

また、手術をしたとして、現状より悪い状態になってしまう可能性もあることを考えると、私にはそこまで受け入れる覚悟は持てませんでした。

心配症で怖がりな私にはとても無理だし、他の病院を受診して診察してくれる先生を見つける気力も起きなかったのです。

スポンサーリンク

私の手汗対策

箇条書きにしてみました。

・刺激の強い食べ物を取らない(頭の汗対策)

・瞑想というかイメージ療法、何冊か本を読み出来そうなところを取り入れて自己流でやっています)

・ハンカチやハンドタオルを持ち歩く

・手洗い

・手袋
綿100%の手袋だと汗が染みてもなかなか乾かずいつまでも湿っているので、化繊が入っているものを使っています。

あまりひどくない時は、五本指の先を切ったものも使います。

最近は日焼け予防で、手袋やアームカバーを兼ねたものが安価でたくさん販売されていて助かります。

・塩化アルミニウム
外用薬。病院では手の平用として、濃度20%の塩化アルミニウム液が処方されています。痒くなるなどの副作用が起きることもある。

薬局で市販品が購入できる。

テノール液(佐藤製薬)わき用制汗剤

オドレミン(日邦薬品)わき用制汗剤

塩化アルミニウム

病院で処方されたものを使いましたが変化ありませんでした。
手の平が痛痒くなり、汗が染みて余計に辛くなったので続けていません。

その後、普通の制汗剤も試してみましたが、手がベタつき荒れるだけなので止めました。

20%の塩化アルミニウム液で効果が得られないのに、それより濃度の薄い市販品で効果が得られないのは当たり前ですよね…

・ツボ押し

手の平のツボ、老宮(ろうきゅう)を押している
手の平のツボ、老宮(ろうきゅう)を押している

軽く手を握り中指の先が当たる所、老宮(ろうきゅう)を押しリラックス効果を得ます。

私が参考にした幾つかのサイトでは、5秒くらい押して5秒離すを5回
程度繰り返すとよいとありました。

私は軽くもむような感じでやっています。

どこでもできるので、緊張をほぐしたい時にいいかもしれません。

実感として、効果があるのかないのか分かりません。

でもしないよりはいいと思い実践しています。

もうひとつ、手の甲、親指と人差し指の骨の付け根の辺りにある合谷(ごうこく)もきくそうです。
親指で優しくゆっくり押すくらいがいいそうです。

これも私が感じている効果はありません。

気が付いたときにやる程度なので。

あとは諦めて受け入れることです。

でも、時々、『もう嫌だーーーー!!!』と叫び出したくなる時もあるんですけどね(笑)

私は試していませんが、その他、よく紹介されている治療法

・薬物療法(神経遮断薬)
多汗症の認可薬プロバンサイン(主成分、臭化プロパンテリン)を服用する。
視聴節障害、胸がドキドキする、口渇、などの副作用がるそうです。

・ドライオトニック
多汗症治療器具(アメリカ製)
電気を流して一時的に発汗を減らす。
個人輸入で入手可能。
効果には個人差がある。

・ボツリヌストキシン治療
ワキにボツリヌストキシンという薬剤を注射する治療法。
高価の持続期間は平均6カ月間程度。
効果には個人差がある。

・腋窩汗腺切除
脇の下の汗腺を切除する手術。

・ETS(Endoscopic Thoracic Sympathectomy)、胸腔鏡下胸部交感神経遮断術のこと。

副作用として、下半身の発汗が多くなる『代償性発汗』が現れる場合もある。
この副作用が激しく出ることもある。

保険適用外。
ただし、医師により重度の原発性腋窩多汗症と診断された場合のみ、健康保険が適用される。

気になる手汗緩和商品『ファリネ』を試してみた

キャップをはずしたファリネと未使用品
キャップをはずしたファリネと未使用品

ファリネ使用済みと未使用品
ファリネ使用済みと未使用品

『諦める』そうはいっても定期的に訪れる厳しい手のひらへの発汗を、少しでも押えたいという気持ちは持ち続けています。

そこで気になった手汗に効果があるという制汗剤で、『ファリネ』という製品を申し込んでみました。

何故ファリネを選んだかというと粉末だったからです。

粉末のアップ
粉末のアップ

パフの部分を取り外して、手の平に粉末を出したところ。

多目に出した粉末をのばした様子
多目に出した粉末をのばした様子

クリームタイプは汗が出た時にベタベタになるので止めました。

他にもネットで手汗と検索すると色んな商品が出てきますね。
以下の5つは通販で購入できるものです。

アロメル

テサラン

フレナーラ

コルクル

デトランスα

等々、ご興味ある方は紹介サイトがたくさんありますので、気に入ったところをご覧ください。

ファリネを使った感想

汗が少ないとき(手の平にうっすら汗が滲む程度)には有効でした。

粉末が汗でよれることもなく、サラッとさせてくれました。
そこから汗が増えない、しっとりをキープした状態なら効果は持続します。

でも手から滴るくらいに発汗すると太刀打ちできませんでした。

手を洗ってタオルで拭き、ドライヤーで乾燥させた一瞬を狙って付けましたが、どんどん汗が出てパウダーを流していってしまうのです。

一定期間続けないと効果が現れないので3ヶ月続けたのですが、これと言った変化はみられませんでした。

半年から1年くらい使い続ければ違ったのかもしれません。

でも、無添加で肌に優しいということでしたが、チクチクして手の平の皮が突っ張るようになりこれも止めてしまいました。

ここでも、アナログな手袋や手洗いの方が自分に合っている実感した私です。

まとめ

久々に手掌多汗症のことを調べたら、多くの情報が上がっていて、改めて大勢の人が悩んだり苦労していることを知りました。

私自身も汗の量は多く、ひどい方だと思います。

でも、数十年この汗とお付き合いしてきて、受け止める気持ちの状態はかなり良くなってきています。

思いつめなくなり、汗に対して耐性もついてきたと思います。

まあ、私がいい年になって先も見えてきたからなのと、仕事も手汗が影響しにくい職種を選び、ある意味楽に生きてきからかもしれません。

だから、これから進学や就職を考える若い人には、リスクの低いものから試していって、自分に合う治療や対処法を見つけて貰えたらと思っています。

長々と書いてしまいましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする