初めての浴衣、着付けに最低限必要なものはコレ

浴衣と半幅帯と下駄と帯

夏のイベントには浴衣を着て出かけることが多くなりますね。

最近は、しまむらやユニクロでも購入できるので浴衣が身近になったような気がします。

衝動買いしてし待った人もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただ、店頭で浴衣を購入しただけでは、残念ながら着られないんですよ。

よく『着付けセット』なるものも販売されていますが、お店によって内容が違ったりしてどれにすればいいか迷ってしまうことも…

今回は、私が浴衣を着た時に、『最低限、これだけあれば十分』と感じた小物を紹介します。

この記事は女性向けです。

まずは私の着物歴

学生時代に簡単な着付けを習いました。

色々と教わりましたが、殆ど覚えていません。

何とか思い出せるのは単衣(ひとえ)の着物でお太鼓と、浴衣に文庫結びくらいで、それも事前に思い出し練習をしないといけないレベルです。

ただ、当時教わったコツのようなものは覚えていて、こんな初心者に毛が生えたような私ですが、なんとか着崩れない程度に仕上がります。

そんな、ほぼ初心者と変わらない私。
久しぶりに浴衣を着るにあたり、小物類もバラバラなので『着付けセット』なる物を購入したのですが、セットの中身で使ったのは一つ二つという結果となりました。

着付けセットも色々な組み合わせで販売されていますが、浴衣くらいだと使わない(使いこなせない)物も入っていて、最初は購入しなくてもいいと思います。

これがないと着られない!浴衣の着付けに最低限必要な和装小物

ズバリ!!

・肌襦袢(肌着、下着のこと)

・腰ひも

・伊達締め

です。

私はこれで大丈夫でした。

本当に浴衣だけを着るなら、腰ひも2本用意するだけでも簡単に着られるんですよ。

ただ、使った方が楽ということで、『伊達締め』と『肌襦袢』を入れています。

あと腰ひもに変わる『コーリンベルト』と『ウエストベルト』がありますが、腰紐で十分かと思われます。

では、それぞれ紹介していきますね。

腰ひも

名前の通り、腰で締める紐のこと。
1本目を腰で、2本目を胸元で使用します。

『腰ひも』『胸ひも』『仮ひも』

などと呼ばれる場合もありますが、どこに使うかで呼び分けているだけで同じ紐のことです。

一般には化繊、絹、モスリンなどありますが、モスリンが使い易いと思います。

この腰ひもが無ければ着られません。

安価で手に入りますから、お持ちでなければ購入することをお勧めします。

コーリンベルト

平ゴムの先に金具やプラスティック製の留め具が付いたベルト。
着物の胸元を合わせるために使います。自分で着付ける際に楽に着付けられるので使う人も多いようです。

昭和20年代にコーリン社が考案した着付けに使う和装小物で商標登録商品です。
それ以外は着物ベルト、和装ベルト、着付けベルトなどと呼ばれますが同じ用途です。

伊達締め

私もこの博多織の伊達締めを持っていますが、呉服屋さんで購入したので少し高めの3,150円でした。

同タイプが通販だと2,000円以下で販売されていてお得です。

必要ないともいいますが、私は胃が出ているせいか腰ひもだけだと苦しくなってしまうのです。

伊達締めは面で押さえてくれるので、気持ち悪くならず飲食もできました。
色々なタイプがあるので、お好みでお選びください。

マジックベルト

マジックベルト・メッシュタイプ

ポリエステルの伊達締めを使っていましたが、暑いのと結び目がごろごろして苦しいので、こちらを購入しました。
素材はやや難あり?ですが、ちょうどよい強さで締まって、いい感じです。何より楽なので、買ってよかったです。

ゴムのベルトより蒸れないです。
伸縮も良くて厚みも気にならないので正絹の伊達〆より使いやすいです。

あと、芯の入った伊達締めなどもあります。
芯が入っているので帯板を入れなくてもある程度ピシッとします。

肌襦袢

裾除け

肌襦袢と裾除けが一体になったワンピース型

ステテコ

スポンサーリンク

汗対策におすすめな組み合わせは肌襦袢とステテコ

私の好みです。
参考程度にご覧ください。

見た目は涼しげな浴衣ですが、お祭りや盆踊りでは暑くて汗だくになってしまいます。

着慣れないせいもありますが、やはり浴衣の下に何を着るかで動きやすさ、過ごしやすさが違ってきます。

これまで何度か浴衣を着て色々試してみて、一番快適だったのが『肌襦袢』と『ステテコ』の組み合わせでした。

実際、浴衣で長時間過ごしていると、汗が背中や足を伝うことがあります。

汗っかきな私は特にかもしれませんが、肌襦袢とステテコを着用することにより、汗が吸い取られ、ベタついた肌に浴衣が張り付くことも少なくなりました。

肌襦袢(肌着)

ガーゼ素材の肌襦袢は袖口が広く、風が通り汗も吸ってくれるので、汗染みや蒸れもそれ程気になりませんでした。

また肩から手先に向かう袖の形が綺麗に出る様な気がします。

汗対策としては吸汗速乾性のインナーもいいと聞きますが、浴衣の色、柄、素材によっては、袖や胸元のラインが浴衣の上から透けて見える場合もあり、やは
り肌襦袢が安心できます。

ステテコ

先に紹介したのとは違う製品で、私が着用したのは上のタイプです。

ショーツの透けもある程度防げると思います。

トイレに行った時も楽でした。

それから、これらの代用としてTシャツに短パンを着用するという人も大勢いらっしゃいます。

楽でいいという声も聴きます。

この夏、1度きりしか着ない場合はそれでいいと思います。

でも何度か着る予定なら、肌襦袢とステテコ(又は裾除け・一体型)を用意することをお勧めします。

まとめ

浴衣ってとってもシンプルで、着慣れてしまえばとても簡単な衣装だと思います。

だってほんの百年前はみんなの普段着だったんですもの。

何度か練習すれば着られるようになります。

洋装が一般的になり、和装が遠くなりましたが、何も畏(かしこ)まった席で着る礼装だけが着物という訳じゃないんですよね。

まずは腰ひもで練習し、必要に応じ他の小物を取り入れていくのが良いと思います。

浴衣の着付け方は浴衣の着方がわからない・浴衣は初心者でも簡単に着付けられますよで書いています。

私が思い出すために参考にした、YouTubeの動画も貼っておきました。

わかりやすいので動画だけでもご覧いただくと、役立つと思います。

汗対策や帯について書いています→初めての浴衣・帯の種類と結び方浴衣のときの汗対策・暑い夏涼しげに着るためにできること

スポンサーリンク