浴衣でお出かけどこまで大丈夫?昼間の外出はダメって本当?

浴衣美人お出かけ 生活
この記事は約16分で読めます。

最初は戸惑いながらの浴衣も、着るうちに慣れてきて、お祭り以外にもお出かけしたくなりませんか?

私だけでしょうか?

ただ『浴衣で外出はダメ!』という声も聞きますし、そうじゃない意見もあるようで、なんだか悩ましいですね。

そんなこんなで今回は『浴衣で外出』について書いてみました。

 

 

関連記事
男性の浴衣はコチラ⇓
初めての浴衣・男性用はどこで買う?サイズと持ち物は?
男性浴衣・自分でできる着崩れない着付けと格好いい帯結び

 

浴衣で外出したいけれど、やっぱりダメ?

もちろん、絶対に駄目な場所はあります。

それは正装を求められるような正式な場。

 

例えば

・高級レストラン、料亭

・式典

・結婚式

・神社やお寺での参拝

・正式なお茶会

・劇場(クラシックコンサートや歌舞伎など)

・浴衣お断わりなど、ドレスコードがあるお店

など、主催者が浴衣でお越しくださいというようなイベント以外は、浴衣はいけません。

 

洋服っだって同じです。

 

ポロシャツやTシャツに短パン、ジーンズ(デニム?今の言い方が分からない( ̄▽ ̄;))、サンダル等の出で立ちで、結婚式などには出席しませんよね。

 

たとえブランド物の超高価なTシャツやデニムでも、一般的に(社会通念上)、こういう格好が相応しくないとされる場所では浴衣もアウトになります。

 

そこを頭に置いておけば、場所について大きな失敗はないと思います。

 

反対に考えれば、これらフォーマルな場でなければ、浴衣で出掛けられる場所は少なくないはず。

 

とはいえ、場所や人の雰囲気、集まりそのものの内容などにより、ご自身で判断していく必要はあります。

 

浴衣はあくまでも普段着、暑い夏に汗をかいても気にせず気楽に着られる『日常着』です。

 

これは私が個人的に持っているイメージですが、浴衣を洋服に例えると『アッパッパ(up a parts)』かな、と思うのです。

 

wikiに「くいだおれ創業者」の考案と記載されていて、1920年代から1930年代にかけて流行したワンピース(サマードレス)のことですが、なんと!!夏の季語になっていました。

 

アッパッパ(up a parts)は、私の祖母世代の女性が着る夏の定番服で着古した浴衣を解き、自分で縫ったアッパッパを着るのは普通のことでした。

 

今でもよく似たデザインの服ありますね。

ナチュラル系というのか‥祖母が着ていたのよりずっと洒落たデザインになっていますけど。

洋服が当たり前になる以前、まだまだ着物が多かった時代、真夏の浴衣はあんな感覚で着ていたんじゃないのかな?と思っています。

 

 

気負わずに浴衣で行けそうな場所

・落ち着いた感じの喫茶店、観光地なら古民家・町屋カフェ

・美術館、博物館など(下駄は音が響くのでアウトです)

・百貨店や複合施設内

・納涼浴衣クルーズなど(東京湾納涼船2018今年も「ゆかた割」実施!

スポンサーリンク

 

とはいうものの

とはいうものの、浴衣で外出したいというと、

 

『浴衣は平安時代に、入浴時に着用していた湯帷子(ゆかたびら)がもとになっているものだから、湯上りに家で着るもの』

 

『寝間着と同じだから外出着ではない』

 

と、1度は言われてしまいます(;^_^A

 

湯帷子が浴衣の原型なのはそれはそれとして、だからといって何もかもダメというのは『如何なものか?』と思います。

 

そもそも平安時代、沐浴するために湯帷子(ゆかたびら)が使われていたのが始まりで、そこから変化を遂げ、江戸時代に湯上り着として庶民の間で広く愛好されるようになりました。

 

夏の日常着(今でいうとくつろぎ着)として定着したのは明治に入ってからだそうですが、それも長い年月、人々に好まれたからだと思います。

 

時代が変わり、今では浴衣すら一人で着られないのが普通になりました。私も同じで、自分で覚えようとするまでは全く分かりませんでした。

 

私の母の世代はギリギリかな?

 

小さい頃、気が向くと普段着として着物を着ていましたから。

 

また入学式・卒業式は大半のお母さんが黒留袖を着ていました。

 

でも、中・高と進むうちだんだん着る人が少なくなっていき、以前は着なかった色留袖や訪問着の方が多くなり、現在では入学式・卒業式で黒留袖は見かけなくなりました。

 

呉服を扱うネットショップでも、入学式は色留袖・訪問着と説明しているお店が目立ちます。

 

こんな風に、この数十年を振り返るだけでも変わってきています。

 

当たり前だったことが、当たり前ではなくなって行きます。それが良いか悪いかは別にして。

 

湯帷子(ゆかたびら)の話もそれと同じような気がします。

 

1000年以上も前の話をいつまでも引き合いに出し、せっかく浴衣を着たいと思う人の気持ちを萎えさせるのは、よろしくないな~と思っています。

 

着る人が少なくなったからこそ、まずは浴衣から楽しんで、和服を身近な物と捉えて欲しいなと。

 

ほんの数十年前には浴衣なんてTシャツ着るくらいの感覚だったんだし(祖父母を思い出しての推測ですが)、着物は日本の大切な文化だから。

 

みんなで楽しく着ましょうよ(^^♪

 

実際、今は着物風味の素敵な色柄の浴衣も豊富だし、足袋を履いて半襟をつけて(おおうそつき)、帯は半幅帯か名古屋帯(八寸)にすれば、いい感じになると思いませんか?

 

ねえ…

 

あ、ちょっと脱線(^^ゞ

 

左前に着るとかフォーマルな場に着ていくとか、明らかな約束破りをしなければ、積極的に浴衣を着ていいと思います。

 

あとは着物風に着こなすときの半幅帯の結び方とか、いろいろYouTubeに上がっているのでチャレンジしてみると楽しいですよ。

 

 

浴衣で昼間に外出するのは大丈夫?

以前、私も夕方から夜にかけてのイベントに参加するため、昼間に出かけたことがあります。

 

お祭りではない平日でしたが色々ある時期なせいか、じろじろ見られる事もなく通りがかりに『おかしい』と絡まれることもなく行って帰ってこられました。

 

他にも浴衣姿の方がいたからかもしれません。

 

ただ、そのとき分かったことがあります。

 

それは、きちんと着ていない人が多かったということ。

 

きちんと』なんていうと堅苦しく聞こえますが、まあ聞いてください。

 

その時、私もおぼつかない浴衣姿でしたが、ある女性の浴衣姿にギョッとさせられたんです。

 

何にギョッとしたかというと、白地の浴衣の上から(諸々)透けていてはっきり見えていたんです。

 

娘さん・・・駄目です(´;ω;`)

 

おそらく、あの時彼女を見ていた人のほとんどがそう感じていました。

 

私が『うるさいおばちゃんだから』だけではありません。

 

同じ女性でもアレはどうかと…いえ、同じ女性だからこそ『ええ!?』とビックリしちゃうんです。

 

本人は知らないでそうしているのか、分かっていてファッションとしてやっていたのかは分かりません。

 

ただ、もし意図的だったなら、あれは明らかに場違いというかマナー違反。

 

それから、腰ひもをしっかり締めていない方も目立ちました。

 

一番ひどかったのは、前がはだけていた方。一所懸命前を合わせようとしていましたが、おはしよりも崩れて裾が擦っている様子は本当に可哀想でした。

 

回りに知人もいたようでしたが、どうやら腰ひもをせず作り帯しか巻いていなかったようで、どうしようもなかったようでした。私も気の毒で見ているのが辛かったです。

 

それ以来、ただ単にダメと言っているんじゃなく、そういう風な人が多いから、見ていられなくて『寝間着だ』という人もいるのかもしれない、と考えるようになりました。

 

私の個人的感想ですが。

 

だから…

それからは『浴衣がどうの・出掛ける時間がどうの』ではなく、浴衣の透けやすさなど特徴を知り、はだけたり裾が落ちないように着られないうちは、もしくは着崩れても自分で対処できないうちはお出かけしないのがマナーだと考えるようになりました。

 

結局は全て自分に返ってきます。

 

少し練習をすれば着られるようになるので、機会があれば是非覚えていただければと思います。

 

あ、私自身は補正しない派ですが、補正はしたほうがウエスト回りはキレイになります。ある意味、これもマナーかも。

 

それから、着崩れしてもチャチャッと直せるコツとか、あるんですよ。

 

本や動画にもたくさん紹介されています。

浴衣 着崩れ 直し方 コツ 

で検索してみてください。

 

そして、一人で着られるようになったあかつきには堂々とお出かけして楽しんでください。

 

最初は失敗もありますが、それも貴重な経験。

 

是非、浴衣を楽しんでください。

 

テキスト本・参考になる

そして、おすすめのテキストを紹介します。

 

一冊目は過去のNHKでオンエア当時、私も見ていた番組のテキストです。

夏川純さんというタレントさんが出演していたと記憶しているのですが、間違ってたらごめんなさい。

この中に、浴衣を着物風にきてお出かけしましょう、というような回があるのです。

わかりやすい番組だったので、テキストだけでも見て損はないと思います。

中古で7円からありましたよ。←2020/7/9現在このリンクは1,100円ですが、ほかで数百円で出品されいました。これは本放送時のテキストですね。

 

 

こちらの本は、半幅帯の結び方アレコレや浴衣の着付けにもふれられていて、初心者でもとっつきやすいと思います。

 

 

他におすすめするなら『雄鶏社・文化出版局・主婦の友社』などの浴衣関係の本がいいかと思います。

 

ゆかたデビュー―1週間のカンペキマニュアル 一人でゆかたが着られる帯結びができる!

 

 

夏きもの・ゆかた手帖

 

↑中でも雄鶏社の本はとても分かりやすく親切丁寧に作られています。

 

残念ながら雄鶏社は2009年に倒産しているので本屋さんにはありませんが、お近くの図書館にも置いてあるのではないでしょうか?

 

中古品もまだ安価で出ています。

 

1990年から2000年代あたりは、まだまだ自分で縫ったり着たりすることが身近で、こういう系の本が多く出版されていて本屋さんにもたくさん並んでいたんですよ。

 

良ければ一度探してみてください。

 

参考になると思います(^-^)

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました